読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題2

そういえば、ここ最近も振られた。
いや、振ったのか振られたのかよく分からないまま別れた。
別れたのはもう少し前だけど、なんだわぁわぁ言ってたら最近になってた。
彼女は幸せがほしいとか言ってったけど、どうやらオレでは幸せを手に入れることはできなかったらしい。
もう少し頑張れば手に入ったかもしれないぞ?
俺にはその努力をした気もするけど決して努力したとは言えない。
結局別れたのに不満なんてなかった。
でも結局春だった。
春はなにもいいことがない。
みんな新生活やら新年度やら賑わうのに俺にとっては毎年春になにか終わりをしっかり迎えている。
言い換えればしっかり春で終わらせ、同時刻に新しい出発を切っているように見える。
終わりの記憶が強すぎて始まりなんてちっとも覚えてらんない。
始まりなんてどうでもいいのだ俺の記憶にとっては。
俺の記憶はインパクトしか残さない。
長閑なふつうのことを覚えていたいのに、ふざけたいやなことばかり残ってく。
覚えていていいことなんてないことばかり覚えていく。
それも時期が立つとだいぶ風化する。
俺の記憶は無駄だ。忘れるものを毎日記憶していく。
無駄だ。

春が終わったころには今はチクチクすることも結構どうでもよくなる。
大いに助かる。
夏が早く来ればいいのに。
めんどくさい。

慕情にかまう暇はない。
でも暇になると色々思い出してメンドクサイ。
慕情に耽るといいことない。
いいことないのにこうやって耽けてチクチクする。
まだ記憶が新鮮なだけに逃げようもない
昼間は元気だ、することがあるから。
夜は暇だ。
逃げようとして書いているのに結局考えながら書くからこういうこと書いてる
そうです女々しいんです。
それで昔いろいろ傷つけたから全部消した。
だから相手になにか害を与えることはない。
でも自分にはまだダメージが蓄積されてく。
付き合ってても蓄積されていく。
結局なにがいいんだかさっぱりわからん。